灰釉大壺 かいゆうたいこ

陶磁 / 平安 

猿投
平安時代・9世紀
陶製
高31.0 口径17.0 底径20.3
1口

愛知県の猿投(さなげ)窯では、9世紀に高火度(こうかど)の灰釉(かいゆう)を掛けた陶器を作り出した。口から胴にかけ灰釉の流れるこの壺は、奈良朝の薬壺(やっこ)に原形を持ち、短い頸部に続く張りのある肩部に奈良朝の気分を残す。奈良朝から平安朝の優美な造形への転換期を示す作風である。

作品所在地の地図

関連リンク

灰釉大壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

自然釉壺
自然釉壺

猿投

灰釉有蓋壺
須恵器 多嘴壺
巴文大壺〈珠洲/〉
灰釉手付水注
ページトップへ