灰釉有蓋壺 かいゆうゆうがいこ

陶磁 / 平安 

猿投
平安時代・10世紀
陶製
高28.5 口径12.1 底径17.4
1合

越窯(えつよう)青磁に刺激を受けて、愛知県の猿投(さなげ)窯は灰釉(かいゆう)を施す陶器を作り、青磁を目標に置いたが、結局青磁まで熟達することはできなかった。この有蓋壺は平安時代らしい優雅な膨らみを形にもたせ、むらむらとした灰釉を掛け、未熟な技の面白さを今日に伝えている。

作品所在地の地図

関連リンク

灰釉有蓋壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

灰釉大壺
灰釉大壺

猿投

灰釉手付水注
自然釉壺
自然釉壺

猿投

緑釉四足壺
灰被天目茶碗(虹)
ページトップへ