文化遺産オンライン

外容器(甕)

がいようき かめ

作品概要

外容器(甕)

がいようき かめ

金工 / 平安 / 和歌山県

出土地:和歌山県田辺市上秋津高尾山 高尾山経塚出土

平安時代・12世紀

陶製

高39.4、最大径29.6

1個

 この甕は常滑窯の製品で、全体に自然釉がかかる。土坑の中に、経巻を納めた銅製経筒を置き、この甕を逆さにして被せていた。日常容器として大量に流通していた常滑の甕は、経筒の外容器としてもしばしば用いられたことが各地の経塚の事例からわかる。   (2005/10/18_h24)

外容器(甕)をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

経塚 / / 高尾 / 田辺

関連作品

チェックした関連作品の検索