銅製瓔珞付経筒 どうせいようらくつききょうづつ

考古資料 / 平安 / 福岡県 

出土地:伝福岡県四王寺山出土
8~12世紀 平安時代
総高30.2
1箇

九州の代表的な経塚群である四王寺山から出土したといわれている経筒のひとつ。経筒は仏教の経典を書写した経巻を納めた青銅の容器である。この経筒は四王寺型と呼ばれるもので、円筒形の身に三条の凸帯を巡らし、蓋は六花形に広がる端正な傘形をなしている。先端にガラス小玉の瓔珞を装飾した、保存良好な平安時代の優品である。

作品所在地の地図

関連リンク

銅製瓔珞付経筒チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅製瓔珞付経筒
粉河経塚出土品
経筒
銅製宝塔形経筒
経筒・外筒(伝福岡県出土)
ページトップへ