文化遺産オンライン

銅製経筒

どうせいきょうづつ

作品概要

銅製経筒

どうせいきょうづつ

金工 / 平安

出土地:福岡県北九州市小倉南区蒲生 ハリヤ経塚出土

平安時代・永久6年(1118)

銅製鋳造

1個

筒身は2条の突線を3箇所に巡らし、底には和鏡を加工して嵌め込んでいます。銘文から、永久6年2月18日に良禅が勧進となって埋経したことがわかります。なお、近くのベラ山経塚からも、ほぼ同じ経筒が出土しており、同じ日付、同じ勧進僧が記されています。

銅製経筒をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 銅製 / 平安

関連作品

チェックした関連作品の検索