文化遺産オンライン

自然釉大壺

しぜんゆうたいこ

作品概要

自然釉大壺

しぜんゆうたいこ

陶磁 / 室町

丹波

室町時代・15~16世紀

高45.0 口径16.1 底径14.9

1口

丹波焼は兵庫県篠山市今田町を中心とした地域で焼かれた。起源は平安時代末に溯り、六古窯の一つに数えられる。この壺は室町時代に作られたもので、大きく開いた口作りは丹波焼きの特色である。焼き締めた器面に流れた淡緑色の自然釉が見どころとされる。

自然釉大壺をもっと見る

丹波をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / 自然

関連作品

チェックした関連作品の検索