文化遺産オンライン

擂鉢形水指

すりばちがたみずさし

作品概要

擂鉢形水指

すりばちがたみずさし

陶磁 / 江戸

丹波

江戸時代・17世紀

陶製

高7.8~11.0 口径15.8×23.6 底径11.3

1口

よく焼き締まった黒褐色の土肌に、内外にわたって自然釉が掛かって景色をつくっています。内面に「おろし目」と呼ばれる刻みの線をもち、中世から丹波でつくられた片口擂鉢の形をとりますが、器は意図的に歪められて整形されており、はじめから水指を目指して作られたものと考えられます。類例の少ない、貴重な作例です。

擂鉢形水指をもっと見る

丹波をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / みずさし /

関連作品

チェックした関連作品の検索