古備前水指 銘 青海 こびぜんみずさし めい せいがい

工芸  陶磁 / 室町 / 日本 

室町/15世紀
高18.0 口径18.2
一口
重文

 草庵の茶の湯を指向した武野紹鴎所用の水指である。非常に焼きが堅く、一見すると古銅かと思うほどである。素直な桶形をしており、底部から上部にかけてわずかに末広状に広がっている。肌は黒褐色で無釉であるが、口部にわずかばかり自然釉がかかり蕎麦色を呈している。一見、雑器の流用かと思わせるが、作り込みの状態から、大窯で茶陶の始められた室町時代末期の代表的な古備前の作品である。初代義直以降、尾張家に伝来する。『玩貨名物記』所載。

作品所在地の地図

関連リンク

古備前水指 銘 青海チェックした作品をもとに関連する作品を探す

水指(青海)〈備前/〉
一重口水指(柴庵)〈信楽/〉
一重口水指
白天目茶碗
志野山水文矢筈口水指
ページトップへ