文化遺産オンライン

種壺形水指

たねつぼがたみずさし

作品概要

種壺形水指

たねつぼがたみずさし

陶磁 / 室町 / 安土・桃山

備前

室町~安土桃山時代・16世紀

炻器

高20.6、口径16.0×15.2、底径11.8

1口

広めの口をもつ壺です。もとは種子を入れる壺ですが、室町時代後期にはこうした日用の器が茶の湯の世界で水指として取り上げられるようになりました。焼成時の炎の当たり方によって生じる焼きあがりの色の変化が、景色として茶席で鑑賞されました。

種壺形水指をもっと見る

備前をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / みずさし /

関連作品

チェックした関連作品の検索