文化遺産オンライン

緋襷一重口水指

ひだすきひとえぐちみずさし

作品概要

緋襷一重口水指

ひだすきひとえぐちみずさし

陶磁 / 安土・桃山 / 江戸

備前

安土桃山~江戸時代・16~17世紀

陶製

高17.3 口径14.7 底径9.6

1口

胴の下方が膨らんだ、備前の水指のなかでは穏やかなつくりをしています。土肌は白みがかったところと褐色に焼き上がったところとが混在し、そこに緋襷による景色が現れています。大名茶人松平不昧(まつだいらふまい)が旧蔵し、箱には不昧筆による「ひたすき 水指」の文字が記されています。

緋襷一重口水指をもっと見る

備前をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / Bizen / 桃山

関連作品

チェックした関連作品の検索