文化遺産オンライン

火襷大皿

作品概要

火襷大皿

陶磁 / 江戸

備前

江戸時代・17世紀

高8.4 口径46.2 底径23.9

1口

 桃山時代に入ると備前は大形の平鉢を多く作った。この平底大鉢は良く焼き締まり、暗褐色を呈している。見込の一部に、藁を置いて重ね焼をした際の跡が緋襷となって現れ、これが点景となっている。裏面にも大きな輪状の重ね焼跡があり、「一」の窯印がある。

火襷大皿をもっと見る

備前をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

備前 / / / Bizen

関連作品

チェックした関連作品の検索