文化遺産オンライン

一重口水指 銘 柴庵

ひとえぐちみずさし しばのいおり

作品概要

一重口水指 銘 柴庵

ひとえぐちみずさし しばのいおり

陶磁 / 安土・桃山 / 江戸

信楽

安土桃山~江戸時代・16~17世紀

陶製

高14.7 口径17.3 底径15.5

1口

銘文:「柴庵(花押)」表千家四代江岑(朱漆)

重要文化財

長石粒+ちょうせきつぶ+を多く含む信楽独特の土で、ほぼ真っすぐに立ち上がる単純な姿ですが、力強く厳かな存在感をはなつ水指です。淡い黄緑色の自然釉が掛かった正面にはひび割れが入り、側面は黒く焼け焦げてまた別の景色を見せています。信楽水指を代表する作品です。

一重口水指 銘 柴庵をもっと見る

信楽をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

信楽 / / Shigaraki /

関連作品

チェックした関連作品の検索