文化遺産オンライン

信楽矢筈口水指

しがらきやはずぐちみずさし

作品概要

信楽矢筈口水指

しがらきやはずぐちみずさし

陶磁 / 安土・桃山 / 滋賀県

桃山/16世紀

陶製

高 19.7 cm 口径 19.0 cm

1口

滋賀県大津市打出浜地先

滋賀県立琵琶湖文化館

滋賀県指定有形文化財

 本作は、甲賀郡多羅尾村字古谷(現甲賀市)の古井戸で発見されたものであると伝わる。信楽焼の茶陶として有名なものに、千利休が所持していたと言われる「一重口水指 銘柴庵」(東京国立博物館所蔵:重要文化財)があるが、「紫庵」の持つ重厚感とはまた異なる趣きがあり、滋賀県に残る古信楽を代表する作品の一つである。

信楽矢筈口水指をもっと見る

滋賀県立琵琶湖文化館をもっと見る

キーワード

信楽 / / / みずさし

関連作品

チェックした関連作品の検索