第一大戸川橋梁 ダイイチダイドガワキョウリョウ

近代その他 / 昭和以降 / 近畿 

滋賀県
昭和/1954
プレストレストコンクリート造単桁橋、橋長三一・○メートル、翼壁附属
1基
滋賀県甲賀市信楽町勅旨
重文指定年月日:20210802
国宝指定年月日:
甲賀市
重要文化財

第一大戸川橋梁は貴生川と信楽を結ぶ旧国鉄信楽線に架かる、橋長31m、単線仕様の単桁橋(たんけたきょう)である。国鉄が戦前の鉄道省時代から蓄積したコンクリート技術の粋を集め、昭和29年に建設した、わが国初の本格的なポストテンション式プレストレスト・コンクリート橋である。今なお高い品質を保つ優れたコンクリート構造物として価値が高い。工事の克明な記録を残すなど、戦後のコンクリート研究の発展にも寄与している。

作品所在地の地図

関連リンク

第一大戸川橋梁チェックした作品をもとに関連する作品を探す

信楽高原鐵道第一大戸川橋梁
旧魚梁瀬森林鉄道施設 小島橋
旧魚梁瀬森林鉄道施設 釜ヶ谷橋
旧魚梁瀬森林鉄道施設 犬吠橋
旧綱ノ瀬橋梁及び第三五ヶ瀬川橋梁 旧第三五ヶ瀬川橋梁
ページトップへ