文化遺産オンライン

漢作茄子茶入 銘 茜屋

かんさくなすちゃいれ めい あかねや

作品概要

漢作茄子茶入 銘 茜屋

かんさくなすちゃいれ めい あかねや

漆工 / 工芸品 / / 中国

南宋/13世紀

高7.4 径7.7

一口

栗色に近い黒飴釉がむらなくかかり、ところどころ蛇蝎釉が雪崩ている。『玩貨名物記』に「唐物小壺」の筆頭に、「あかねやなすひ 尾張様」と記されており、尾張家の茄子茶入として有名であったことがわかる。もと堺の茜屋吉松が所持していたので、「茜屋」と呼ばれた。 茜屋吉松ー徳川家康(駿府御分物)ー初代義直と伝来した。『玩貨名物記』所載。

関連作品

チェックした関連作品の検索