Lobed Ewer White porcelain

Details

Lobed Ewer White porcelain

ceramics / Song Dynasty

Jingdezhen ware, China

Northern Song dynasty, 11th–12th century

磁製

高28.3 口径6.0 底径6.2

1口

北宋の景徳鎮窯でつくられた白磁です。透き通った水色の釉薬がかかることから、青白磁、あるいは「影青」とも呼ばれます。薄づくりで端整な形、頸部や胴部に刻まれた圏線、蓋と身をつなぐために設けられた紐通しなどに、同時代の銀器の影響がみとめられます。

Related Works

Search items related to work chosen