Lobed Ewer White porcelain

Details

Lobed Ewer White porcelain

ceramics / Song Dynasty

Jingdezhen ware, China

Northern Song dynasty, 11th-12th century

磁製

高24.0 口径11.2 底径9.9

1口

精製された真っ白の磁胎に、うっすらと青みを帯びた透明釉が掛かっています。金属器を模した緊張感のみなぎる鋭い造形も相まって、気品高く凛とした印象を与えます。古く「影青(インチン)」と呼ばれて親しまれてきた、北宋時代の景徳鎮窯でつくられた白磁です。

Related Works

Search items related to work chosen