白磁瓜形水注 はくじうりがたすいちゅう

その他の画像全3枚中3枚表示

陶磁 /  

中国・景徳鎮窯
北宋時代・11~12世紀
磁製
高24.0 口径11.2 底径9.9
1口

精製された真っ白の磁胎に、うっすらと青みを帯びた透明釉が掛かっています。金属器を模した緊張感のみなぎる鋭い造形も相まって、気品高く凛とした印象を与えます。古く「影青(インチン)」と呼ばれて親しまれてきた、北宋時代の景徳鎮窯でつくられた白磁です。

作品所在地の地図

関連リンク

白磁瓜形水注チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白磁瓜形水注
白磁瓜形水注

中国・景徳鎮窯 

青白磁唐花文合子
青白磁刻花文平鉢
白磁輪花形杯・托
白磁輪花形杯・托

中国・景徳鎮窯

青白磁六稜形花瓶
ページトップへ