文化遺産オンライン

白磁印花魚波文輪花盤

はくじいんかぎょはもんりんかばん

作品概要

白磁印花魚波文輪花盤

はくじいんかぎょはもんりんかばん

陶磁 /

南宋時代・12~13世紀

磁器

高2.8 口径15.4 底径12.0

1口

青みを帯びた釉が掛けられ水色を呈している。俗に青白磁あるいは影青(インチン)とよばれる。口縁の釉を剥ぎ、天地逆置して窯詰めする伏せ焼きの技法、型押しによる文様装飾など、南宋時代の青白磁の標準的な特徴をそなえている。口縁に銅製の覆輪(ふくりん)が嵌められている。

白磁印花魚波文輪花盤をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

白磁 / / / チン

関連作品

チェックした関連作品の検索