Ewer in Shape of Kundika Flowering plant design in underglaze blue

Details

Ewer in Shape of Kundika Flowering plant design in underglaze blue

ceramics / Ming Dynasty

Jingdezhen ware, China

Ming dynasty, 16th-17th century

磁製

高18.6 口径3.1 底径9.5

1口

明時代、15~16世紀の頃に景徳鎮民窯で作られた「ケンディ」です。この頃、対外交易が活発したことにともなって、陶磁器では輸出先の需要に応じたさまざまの器種、器形のものが作られました。堅牢かつ清潔で、美しい磁器は世界各地で重宝されました。

Related Works

Search items related to work chosen