Jar Lion and peony design in overglaze enamel

Details

Jar Lion and peony design in overglaze enamel

ceramics / Edo

Imari ware

Edo period, 17th century

高21.7 口径10.2 底径10.2

1口

伊万里の色絵の中で、初期色絵から柿右衛門様式の転換期に位置付けられる作品。胴の三方には色絵によって獅子牡丹図、芭蕉図、山水図を描いている。当館蔵の速水御舟(はやみぎょしゅう)の代表作「京の舞妓」で舞妓の傍らに描かれているのが、まさしくこの壺である。

Related Works

Search items related to work chosen