Octagonal Dish Bamboo and tiger design in overglaze enamel

Details

Octagonal Dish Bamboo and tiger design in overglaze enamel

ceramics / Edo

Imari ware, Kakiemon type

Edo period, 17th century

1口

柿右衛門様式とは主にヨーロッパ向けの輸出品として作られた色絵磁器の一群をいう。かつて陶工酒井田(さかいだ)柿右衛門の作と考えられたことによる呼び名である。濁手(にごしで)とよばれる純白の素地に、明るく鮮やかな発色の上絵具を用い、余白を活かした絵付けが施される。20091110_h081

Related Works

Search items related to work chosen