Foliate Rimmed Bowl Clematises in overglaze enamel

Details

Foliate Rimmed Bowl Clematises in overglaze enamel

ceramics / Edo

Imari ware, Kakiemon type

Edo period, 17th century

磁器

高11.1 口径25.4 高台径12.0

1口

九州肥前有田における磁器生産は、オランダ東インド会社から大量の注文を受けた17世紀中頃から大きく展開します。濁手(にごしで)とよばれる純白の肌の輝きと、明るく澄んだ上絵具との対比が生み出す清楚な美は、ヨーロッパに運ばれて大いに好評を博しました。

Related Works

Search items related to work chosen