Large Jar with a Figure under an Umbrella

Details

Large Jar with a Figure under an Umbrella

ceramics / Edo

Imari ware, Kakiemon type

Edo period, 17th century

磁製

高49.0 口径16.5 底径17.7

1口

17世紀後半、伊万里焼では柿右衛門様式の色絵を確立する。純白の素地と透明釉により濁(にご)し手(で)(乳白手)の素地となり、そこに様式化された図様が繊細なタッチで描かれる。中国風の図様であるが、そこに日本的な情緒が流れ、柿右衛門様式を代表する大作である。

Related Works

Search items related to work chosen