十三代柿右衛門 花瓶 じゅうさんだいかきえもん けびょう

陶磁 

磁器
口径2.3 底径5.0 高さ19.9
1点

十三代柿右衛門(1906~1982)酒井田柿右衛門は江戸時代から肥前国有田の陶芸家の子孫(後継者)が襲名する名称。柿右衛門様式は花鳥図などの題材が暖色系の色彩で描かれ、乳白色の余白と豊かな構図が特徴。有田の酒井田柿右衛門が考案した濁手(にごしで)と呼ばれる乳白色の地色の製作技術は18世紀末に断絶してしまったが、大正・昭和期にこれを復活させたのが十三代柿右衛門である。この功績により1971年に重要無形文化財保持者(人間国宝)となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

十三代柿右衛門 花瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

十三代柿右衛門 花瓶
色絵竹虎文八角鉢
色絵竹虎文八角鉢

伊万里(柿右衛門様式)

色絵鳳凰文向付
色絵鳳凰文向付

伊万里・柿右衛門様式

色絵松竹梅牡丹双鳳文大皿
色絵松竹梅牡丹双鳳文大皿

伊万里(柿右衛門様式)

色絵傘人物文大壺
色絵傘人物文大壺

伊万里(柿右衛門様式)

ページトップへ