文化遺産オンライン

色絵花唐草文皿

いろえはなからくさもんさら

作品概要

色絵花唐草文皿

いろえはなからくさもんさら

陶磁 / 江戸

伊万里、「元禄十二年 柿」染付銘

江戸時代・元禄12年(1699)

磁製

高2.5 口径21.5 底径7.5

1枚

銘文: 「元禄十二年 柿」染付銘

高台内に染付で「元禄十二年 柿」と記されており、制作の年次が知られる。俗に「元禄柿」と呼ばれ、柿は酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん)の柿と考えられている。余白を生かした柿右衛門様式から金彩を用いた古伊万里金襴手(こいまりきんらんで)への作風の変遷を考えるうえで貴重な作例である。

色絵花唐草文皿をもっと見る

伊万里、「元禄十二年 柿」染付銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 衛門 / / 色絵

関連作品

チェックした関連作品の検索