色絵竹に鳥図八角皿 イロエタケニトリズハッカクザラ

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 

高:3cm 底径:12.3cm 口径:18.7cm
1個

吟秋が活躍した明治時代には、九谷焼では赤と金を基調とする細密な上絵付の「赤絵細描」が大流行していたが、彼は十七世紀の古九谷復興を志し、古九谷風の作品も数多く手がけた。この作品は、典型的な古九谷風の作例。

作品所在地の地図

関連リンク

色絵竹に鳥図八角皿 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色絵花卉文九角皿 九谷
金彩色絵山水図花瓶
色絵花卉人物図双耳花瓶
色絵絵替小角皿
色絵絵替小角皿

永樂和全作、「永樂」印

色絵金襴手楼閣山水文大瓶
ページトップへ