Iroefujitanamonozara〈鍋島〉

色絵藤棚文大皿〈鍋島/〉

Details

Iroefujitanamonozara〈鍋島〉

色絵藤棚文大皿〈鍋島/〉

工芸品 / 江戸 / 九州

福岡県

江戸/1601-1700

鍋島焼の色絵皿である。素地は白磁質で、高台の下端を除いて全面に透明釉を掛ける。器形は見込みがやや深く、腰から口縁にかけて張りのある曲線を描いて立ち上がり、高台は高めでわ…

高7.8 口径31.0 高台径14.9(㎝)

1枚

九州国立博物館 福岡県太宰府市石坂4-7-2

重文指定年月日:20030529
国宝指定年月日:
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

本作品は、その盛期(一七世紀末)の製作になると考えられる色絵の尺皿で、器形は典型的な木盃形をなす。見込みの文様は同趣の作品のなかでも際立って絵画的に描かれ、藤棚にのびのびと枝葉をのばし大きく花房を垂らす藤の図が、緑、黄、赤の上絵具でゆったりと清楚に表される。裏面の染付七宝結文も幅の広い紐をあしらって見事に描かれ、作行の優れた盛期の鍋島色絵尺皿の希少な遺例として価値が高い。

Related Works

Search items related to work chosen