文化遺産オンライン

鍋島色絵紫陽花文皿

なべしまいろえあじさいもんさら

作品概要

鍋島色絵紫陽花文皿

なべしまいろえあじさいもんさら

江戸 / 日本

江戸時代

高さ 4.3㎝~4.4㎝  口径 14.8㎝~15.0㎝

5枚

文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9

平成21年度 文化庁購入文化財

国(文化庁)

 素地は白磁質で、全面に透明釉をかけた木盃形の中型(五寸)皿である。文様は、柴垣の手前と奥に紫陽花を染付に色絵を加えて描く。鍋島藩が直接経営に携わったことで知られる鍋島焼は、卓越した技術で優美な作風を確立し、優品を生産した。本品は、その盛期の製作と考えられ、色絵の見事な発色、典型的な鍋島焼の作風は、遺例の少ない鍋島色絵五客組皿の代表作の一つとして貴重である。

鍋島色絵紫陽花文皿をもっと見る

国(文化庁 美術工芸品)をもっと見る

キーワード

鍋島 / / 色絵 / 高台

関連作品

チェックした関連作品の検索