Egaratsuashimonosara

絵唐津芦文大皿

Details

Egaratsuashimonosara

絵唐津芦文大皿

陶磁 / 安土・桃山

桃山時代

高さ8.4㎝ 口径35.3㎝ 高台径9.7㎝

1枚

文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9

平成21年度 文化庁購入文化財

国(文化庁)

 素地は褐色陶胎で、轆轤成形した大皿である。内面の全面に、左右に下草を配して、茎を上方へとまっすぐに伸ばす芦を中央に大きく一本、鉄絵で描く。桃山時代から江戸時代初期に西日本第一の生産地であった唐津窯の作品である。本作品は絵唐津でよく用いられる芦文を大皿全面に伸びやかに描いた典型的な作風を示し、絵唐津を代表する貴重な作品の一つである。

Related Works

Search items related to work chosen