色鍋島桃文高台皿制作工程見本 いろなべしまもももんこうだいざらせいさくこうていみほん

その他の画像全10枚中10枚表示

陶磁 / 昭和以降 / 日本 

色鍋島今右衛門技術保存会
いろなべしまいまえもんぎじゅつほぞんかい
平成21/2009
(No.1素焼~No.5施釉)高4.0 径16.6、(No.6本窯焼成~No.9完成品)高3.4 径16.6
9口 一組
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
平成21年度収蔵
国(文化庁)

 桃文の文様、高く広い高台を持つ「色鍋島桃文高台皿」は、鍋島の特色を十分に備えた作品である。 見込みにやや右に寄せて大きく染付で桃の実を描き、下部前方に緑の葉と花を付けた枝を配し、そして、左側を赤絵具を用いて桃の花で埋め尽くした格調高く、華やかな作品である。高台には、「槍(やり)高台(こうだい)」と呼ばれる、剣先状の連弁花文をめぐらせている。本制作工程見本は、「色鍋島桃文高台皿」の制作における素焼きから完成に至る以下の9段階の工程を示すものである。
No.1 素焼 (主に轆轤を使い、丸物成形・型打ち成形で形を造り、900度で素焼する)
No.2仲だち(石州半紙の裏側に瓢箪炭で描いた文様を、素焼の生地に写す)
No.3染付線書き(仲だちのあたりの線を基に、染付にて筆によって線書きする)
No.4染付濃(だ)み(濃み筆を使い、線書きの中を塗っていく)
No.5施釉(柞灰(いすばい)を主に調合し、下絵を描いた生地に施釉する)
No.6本窯焼成(赤松の薪を使い、36時間焼成する)
No.7赤絵線書き(本窯から上がった生地に赤絵具にて筆によって線書きする)
No.8赤絵濃み(さらに赤や青(緑)、きび(黄)等で濃む)
No.9 完成品(赤絵窯にて、800度の温度で焼成し完成する)

作品所在地の地図

関連リンク

色鍋島桃文高台皿制作工程見本チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色絵紅葉流水文皿
鍋島色絵岩牡丹文大皿
色鍋島赤地丸紋模様花瓶
色鍋島赤地丸紋模様花瓶

色鍋島今右衛門技術保存会

鳴海織部向付
青磁赤絵唐草花文輪花皿
ページトップへ