色鍋島赤地丸紋模様花瓶 いろなべしまあかじまるもんもようかびん

陶磁 / 昭和以降 / 日本 

色鍋島今右衛門技術保存会
いろなべしまいまえもんぎじゅつほぞんかい
平成21/2009
高29.0 最大径20.0
1口
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
平成21年度収蔵
国(文化庁)

口部が開き、頸は細く、豊かに張った胴部を持つ、いわゆる玉壺春形の花瓶である。
 赤絵具で充填された地文の中に様々な大小の窓絵が配される。地文は八段に分割され、七宝繋ぎ文、渦文、毘沙門亀甲文、青海波文等の異なる文様が緻密に描き込まれている。胴部中央の三方には、大きな窓が配され、それぞれに橘、仏手柑、桃、桜等の文様が窓いっぱいに描かれている。また、他の中小の窓には、宝尽、石榴、竹笹等のいずれも鍋島特有の文様が描き入れられている。高台は、染付で櫛歯文をめぐらす。

作品所在地の地図

関連リンク

色鍋島赤地丸紋模様花瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

濁手葡萄文壺
濁手葡萄文壺

柿右衛門製陶技術保存会

色鍋島桃文高台皿制作工程見本
色鍋島桃文高台皿制作工程見本

色鍋島今右衛門技術保存会

色絵紅葉流水文皿
鍋島染付橘文大壺
青磁染付梅青海波文皿 鍋島
ページトップへ