Nigoshidebudomontsubo

濁手葡萄文壺

Details

Nigoshidebudomontsubo

濁手葡萄文壺

陶磁 / 昭和以降 / 日本

柿右衛門製陶技術保存会

かきえもんせいとうぎじゅつほぞんかい

平成15/2003

高31.1 径19.1

1合

文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)

平成22年度収蔵

国(文化庁)

江戸時代前期、柿右衛門様式の主要な製品となった、いわゆる沈香壺形の広口有蓋壺である。成形は轆轤により、壺の肩から胴にかけての張り具合と鍔縁を持つ蓋とが程よいバランスを保つ。文様は伝統的な唐草地文を蓋の側面と肩の周囲に繊細に描き込み、胴の部分には同じく伝統的な葡萄文様を大胆に余白を生かして描くことにより、形と文様とが一体となった現代の作品としている。

Related Works

Search items related to work chosen