白磁花形染麦彫文鉢 はくじはながたそめむぎちょうもんばち

陶磁 / 昭和以降 / 日本 

井上萬二 (1929~)
いのうえ まんじ
平成20/2008
白磁
高11.0 径38.0
1口
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
平成21年度収蔵
国(文化庁)

 見込みに麦の文様を施した八輪花型の鉢。
 天草産の陶石(とうせき)を原材料とし、轆轤で丸い鉢を成形した後、生乾きの時に口縁部を採寸して8等分し、指を用いて窪みを作り輪花形に変形させた。更に、窪みの内側に磁土を貼り付けてその先端を尖らせ、剣先(けんさき)で口縁部などを削って鋭角的な表情を加えたため、やわらかな雰囲気の中にもメリハリの効いた造形となった。麦の文様の部分には薄い呉須が施されており、爽やかな青色が白磁の白さを引き立てている。麦のモチーフは、厳しい環境に耐えて生きる生命の象徴である。
 平成20年度文化庁工芸技術記録映画「白磁‐井上萬二のわざ‐」の対象作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

白磁花形染麦彫文鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銀打込象嵌花器 若芽
鍛朧銀四方鉢
鍛朧銀四方鉢

田口壽恒

染付山水図大鉢〈伊万里/〉
桐菱形輪花盛器
桐菱形輪花盛器

中台瑞真

神代杉木画箱
神代杉木画箱

中川清司

ページトップへ