Tea Ceremony Utensils

Details

Tea Ceremony Utensils

ceramics / Meiji

By Eiraku Zengorō (Tokuzen; 1853–1909)

Meiji era, 1892

陶製ほか

一括

 永楽善五郎【えいらくぜんごろう】(号得全【とくぜん】)は、江戸後期から明治の京焼の陶工・和全【わぜん】の長男として生まれた。シカゴ万国博覧会に出品されたこの抹茶器一式は、色絵金襴手、赤絵、交趾写など複数の技法で作られた茶具から成り、永楽家の作行きの広さがよくあらわれている。 (20111122_h19)

Related Works

Search items related to work chosen