七宝竹雀文大瓶 しっぽうたけすずめもんたいへい

その他の画像全3枚中3枚表示

陶磁 / 明治 

竹内忠兵衛作 
明治25年(1892)
銅胎七宝
高53.3 口径18.5 底径17.9
1口
銘文:「名古屋竹内製」刻銘

竹内忠兵衛+たけうちちゅうべえ+は尾張(愛知)七宝を代表する名工で、はじめ磁器に七宝を施す「磁胎七宝」+じたいしっぽう+を得意とし、のちに銅胎七宝に取り組みました。この作品は銅を素地とするもので、明治26年(1893)シカゴ・コロンブス博覧会に際しつくられ、本来は「柳燕図」(京博蔵)と一対をなします。

作品所在地の地図

関連リンク

七宝竹雀文大瓶 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

七宝牡丹唐草文大瓶
七宝牡丹唐草文大瓶

梶佐太郎作

ガラス七宝脚付杯
ガラス七宝脚付杯

竹内忠兵衛作

七宝花蝶文瓶
七宝花蝶文瓶

並河靖之作

七宝蝙蝠文瓶
七宝蝙蝠文瓶

吉田直重作

七宝花鳥文瓶
七宝花鳥文瓶

幹山伝七作

ページトップへ