七宝牡丹唐草文大瓶 しっぽうぼたんからくさもんたいへい

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 明治 

梶佐太郎作
明治25年(1892)
銅胎七宝
高52.7 口径21.2 底径24.5
1口
銘文:刻銘 七宝焼発明人遺族 梶佐太郎製造

梶佐太郎+かじさたろう+は、近代七宝の祖である梶常吉+かじつねきち+の直系の子孫(孫もしくは次男)で、尾張(愛知)七宝の名工です。この作品は、明治26年(1893)のシカゴ・コロンブス博覧会に際してつくられたもので、本来は一対であり、同形のものが京都国立博物館に所蔵されます。

作品所在地の地図

関連リンク

七宝牡丹唐草文大瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

七宝竹雀文大瓶
七宝竹雀文大瓶

竹内忠兵衛作 

七宝花蝶文瓶
七宝花蝶文瓶

並河靖之作

七宝菊唐草文瓶
七宝菊唐草文瓶

並河靖之作

染付花鳥図大瓶
染付花鳥図大瓶

加藤五輔作

色絵金襴手花鳥文大瓶
色絵金襴手花鳥文大瓶

九代帯山与兵衛作

ページトップへ