文化遺産オンライン

七宝花蝶文瓶

しっぽうかちょうもんへい

作品概要

七宝花蝶文瓶

しっぽうかちょうもんへい

陶磁 / 明治

並河靖之作

明治25年(1892)

銅胎七宝

高18.6 口径2.4 胴径10.0 底径5.8

1対

並河靖之+なみかわやすゆき+は、線を貼り付けて仕切り、ガラス質の釉を施す「有線七宝」+ゆうせんしっぽう+を得意としました。この作品のような蝶を主題としたものは、並河作品によく見られる代表的なモチーフの一つです。明治26年(1893)シカゴ・コロンブス博覧会に出品され、好評を博しました。

七宝花蝶文瓶をもっと見る

並河靖之作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

七宝 / 並河 / cloisonné / Namikawa

関連作品

チェックした関連作品の検索