鳳凰文七宝香炉 ほうおうもんしっぽうこうろ

工芸  陶磁 / 明治 / 日本 

平塚茂兵衛作
明治
有線七宝
胴径20.0cm 高28.5cm
1基

鋳鉄製の器体底裏に「平塚製」と読める印形があり、明治期に東京で活躍した平塚茂兵衛の作と知られる。茂兵衛は「透明七宝工」と称したとされており、当時としては希な透明釉の七宝作品を遺している。本作は茂兵衛の七宝香炉の中では最も大型のものであり、落ち着いた鉄地の器体に華やかな透明七宝が独特の世界を作っている。

作品所在地の地図

関連リンク

鳳凰文七宝香炉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

百華文七宝大壷
百華文七宝大壷

安藤七宝店製造 林喜兵衛作

七宝蝙蝠文瓶
七宝蝙蝠文瓶

吉田直重作

七宝竹雀文大瓶
七宝竹雀文大瓶

竹内忠兵衛作 

七宝花鳥文瓶
七宝花鳥文瓶

幹山伝七作

瑞芝焼 青磁鳳凰文獅子鈕香炉
ページトップへ