七宝蝙蝠文瓶 しっぽうこうもりもんへい

陶磁 / 明治 

吉田直重作
明治14年(1881)頃
磁胎七宝
高30.9 口径9.7 底径10.0
1対
銘文:「大日本愛知県下 磁器七宝発明人 吉田直重精造」赤絵銘

吉田直重+よしだなおしげ+は名古屋で活躍し、父・長重とともに「磁器七宝発明人」を名乗りました。この作品は、磁器を素地とした「磁胎七宝」+じたいしっぽう+で、金属線を緻密に配し、蝙蝠が唐草文様に隠れるように描かれて、まるでだまし絵のような意匠です。第二回内国勧業博覧会出品作。

作品所在地の地図

関連リンク

七宝蝙蝠文瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

七宝竹雀文大瓶
七宝竹雀文大瓶

竹内忠兵衛作 

七宝花鳥文瓶
七宝花鳥文瓶

幹山伝七作

七宝牡丹唐草文大瓶
七宝牡丹唐草文大瓶

梶佐太郎作

七宝菊唐草文瓶
七宝菊唐草文瓶

並河靖之作

菊御紋付桜模様七宝花瓶
ページトップへ