青地白堆波涛に獅子図龍耳瓶 あおじはくついはとうにししずりゅうじへい

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 / 明治 

年木庵喜三作 「大日本/肥前有田/年木庵/喜三製」墨書銘
明治6年(1873)頃
高23.3 口径5.6 底径10.8 胴径17.8
1口
銘文:「大日本/肥前有田/年木庵/喜三製」墨書銘

年木庵喜三+としきあんきさぶ+(本名・深海墨之助+ふかうみすみのすけ+)は幕末から明治にかけて活躍した有田の陶工。ドイツのワグネルに西洋顔料の発色について学び、のちに深川栄左衛門+ふかがわえいざえもん+らと香蘭社+こうらんしゃ+を設立する。半磁胎の素地に白土の浮き彫りで波濤文と獅子を描いた本作は、ヨーロッパの作風が漂う。

作品所在地の地図

関連リンク

青地白堆波涛に獅子図龍耳瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色絵金彩荒磯貝尽紅葉桜図大皿
七宝花鳥文瓶
七宝花鳥文瓶

幹山伝七作

染付山水図大皿
染付山水図大皿

有田・梶原菊三作

染付龍濤文提重〈木米/〉
染付金魚文三足鉢
染付金魚文三足鉢

有田・香蘭社

ページトップへ