文化遺産オンライン

七宝花鳥文瓶

しっぽうかちょうもんへい

作品概要

七宝花鳥文瓶

しっぽうかちょうもんへい

陶磁 / 明治

幹山伝七作

明治10年(1877)頃

磁胎七宝

高18.8 口径7.0 底径5.8 胴径8.3

1口

銘文:「大日本 幹山製」染付銘

幹山伝七(かんざんでんしち)は瀬戸の陶祖に連なる家に生まれ、後に京都に移った。京都では早い時期から西洋釉薬に着目し、西洋食器も得意とした。本作は磁器を素地とする磁胎七宝で、幹山作の素地に緻密な模様の七宝を施している。第一回内国勧業博覧会出品作。 

七宝花鳥文瓶をもっと見る

幹山伝七作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

七宝 / Meiji / しっぽう / 磁胎

関連作品

チェックした関連作品の検索