七宝花鳥文瓶 しっぽうかちょうもんへい

陶磁 / 明治 

幹山伝七作
明治10年(1877)頃
磁胎七宝
高18.8 口径7.0 底径5.8 胴径8.3
1口
銘文:「大日本 幹山製」染付銘

幹山伝七(かんざんでんしち)は瀬戸の陶祖に連なる家に生まれ、後に京都に移った。京都では早い時期から西洋釉薬に着目し、西洋食器も得意とした。本作は磁器を素地とする磁胎七宝で、幹山作の素地に緻密な模様の七宝を施している。第一回内国勧業博覧会出品作。 

作品所在地の地図

関連リンク

七宝花鳥文瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

七宝蝙蝠文瓶
七宝蝙蝠文瓶

吉田直重作

七宝竹雀文大瓶
七宝竹雀文大瓶

竹内忠兵衛作 

青地白堆波涛に獅子図龍耳瓶
青地白堆波涛に獅子図龍耳瓶

年木庵喜三作 「大日本/肥前有田/年木庵/喜三製」墨書銘

七宝菊唐草文瓶
七宝菊唐草文瓶

並河靖之作

銀製四君子彫刻茶器一式
銀製四君子彫刻茶器一式

平田重光、幹山伝七

ページトップへ