銀製四君子彫刻茶器一式 ぎんせいしくんしちょうこくちゃきいっしき

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸  金工 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

平田重光、幹山伝七 (1855-1926年、  1821-90年)
ひらたじゅうこう、かんざんでんしち
明治時代/19世紀
銀製・磁製 
(盆)竪29.8cm 横239.4cm 高1.4cm (茶こぼし)口径7.6cm 高11.0cm  胴径8.9cm (急須)高8.4cm  胴径8.0cm
27点
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

明治43年(1910)5月6日に結婚祝いとして島津忠濟・田鶴子公爵夫妻より允子内親王へ献上された茶器一式。湯沸し、急須、片口、茶こぼし、茶壷、茶匙、茶托、盆、煎茶碗のセット。銀器は菊、蘭、梅、竹の四君子文様を片切彫りで表わし、底部に「重光(印)」の印刻銘が入る。煎茶碗は磁器製で草花文を色絵で描き、高台内に「大日本幹山製」の銘が入っている。

作品所在地の地図

関連リンク

銀製四君子彫刻茶器一式チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銀製花鳥文花盛器
銀製花鳥文花盛器

小林時計店美術部

菊御紋付桑煙草盆
菊御紋付桑煙草盆

(磁器)乾山伝七

菊御紋鳳凰付御盃・玻璃コップ・銀盃
色絵草花文コーヒー碗
黒漆塗謡曲蒔絵煙草盆
ページトップへ