黒漆塗謡曲蒔絵煙草盆 くろ うるし ぬり よう きょく まき え たばこ ぼん

その他の画像全8枚中8枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代後期/19世紀
木製 漆塗 蒔絵
竪16.7cm 横25.7cm 高22.4cm
1基
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

煙草盆は炭火を入れる火入れ、吸殻を捨てる灰吹き、煙管をのせる支えや煙草を入れる引き出しなどを備えたコンパクトな喫煙セット。この煙草盆は、12代鍋島直映夫人禎子の所用になる。扇面、色紙、折敷、雪輪、梅花などを象った切形文様をつなげて器物の輪郭とした変り形で、盆中央に鶴梅を透彫りした銀製の火入れと灰吹きが収められる。それぞれの切形には、さまざまなモチーフがあらわされる。主人公を描かずにゆかりの品々で物語を暗示する留守模様という手法を用いており、切形ごとに異なる能の謡曲がテーマになっている。例えば正面に配された折敷形の「岩に波千鳥」で『淡路』を、梅花形の「東北院の梅」で『東北』を、雪輪形の「塩釜の景」で『融』を暗示する、といった具合。

作品所在地の地図

関連リンク

黒漆塗謡曲蒔絵煙草盆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紫檀製獅子牡丹蒔絵煙草盆
菊御紋付桑煙草盆
菊御紋付桑煙草盆

(磁器)乾山伝七

青海波塗莨盆
紫檀塗鳥兜に紅葉蒔絵琴柱箱
銀製煙管 黒漆塗位牌形箱共
ページトップへ