銀製煙管 黒漆塗位牌形箱共 ぎんせいきせる くろうるしぬりいはいがたはことも

その他の画像全4枚中4枚表示

金工 / 江戸 

江戸時代後期
銀製
(煙管)長さ26.7cm (位牌箱)高さ32.1cm 縦11.2cm 横9.2cm
2本
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

9代佐賀藩主鍋島斉直所用品。煙管は、全体を金属でつくる延煙管と呼ばれる手綱形煙管で、羅宇は銀、雁首と吸口は黄銅で作られる。喫煙よりも大胆な意匠を見せて楽しむもので、豪奢を好んだ斉直らしい手回り品と言えよう。煙管を納める位牌形箱の背面には斉直の法名「巍松院殿桂翁道榮大居士」を金で記す。遺愛の煙管二本を入れるために誂えられたものである。

作品所在地の地図

関連リンク

銀製煙管 黒漆塗位牌形箱共チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗謡曲蒔絵煙草盆
烏帽子
紫檀製獅子牡丹蒔絵煙草盆
鍋島斉直像
鍋島斉直印
ページトップへ