烏帽子 えぼし

その他 / 江戸 

江戸時代後期
高さ16.2cm 長さ28.2cm
1頭
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

峯(頭頂)が左に折られる左折の風折烏帽子。緒は通常紙捻と呼ばれる紙製のものが用いられたが、本作は紫の組紐である。箱表に「巍松院様 御烏帽子」と墨書があり、9代佐賀藩主鍋島斉直の御召し物であったことがわかる。風折烏帽子は狩衣とともに用いる。

作品所在地の地図

関連リンク

烏帽子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銀製煙管 黒漆塗位牌形箱共
徴古館開館式式辞
和歌書「夕帰雁」
和歌書「夕帰雁」

幸姫(9代藩主鍋島斉直室)

鍋島斉直印
紅梅に鷹模様紙挟・箸差
紅梅に鷹模様紙挟・箸差

松平慈貞院(貢姫・健子)

ページトップへ