紫檀塗鳥兜に紅葉蒔絵琴柱箱 したんぬりとりかぶとにもみじまきえことじばこ

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 / 明治 

明治時代
木製 漆塗 蒔絵 
竪13.6cm 横11.4cm
1合
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

12代侯爵鍋島直映夫人禎子の琴柱箱。外箱の蓋表に「春日野御琴 紫多ん 源氏蒔絵 御琴柱箱」と墨書されていることから、禎子夫人所用の箏 銘「春日野」に取り合せられた琴柱を納めていることがわかる。
朱漆を点描することにより、紫檀風に仕上げているように見える。蓋面には鳥兜に紅葉、蓋裏には鳥籠から逃げる小鳥をあらわす。こうした象徴的なモチーフだけで古典文学の特定の場面を暗示する手法を留守模様といい、蓋表は源氏物語の紅葉賀巻、蓋裏は若紫巻を意味している。

作品所在地の地図

関連リンク

紫檀塗鳥兜に紅葉蒔絵琴柱箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蕗の薹に茗荷蒔絵琴柱箱
梨子地秋野蒔絵硯箱
黒漆塗謡曲蒔絵煙草盆
黒漆塗松ニ鹿青貝蒔絵硯箱
梨子地吉野山水蒔絵料紙箱
ページトップへ