文化遺産オンライン

七宝菊唐草文瓶

しっぽうきくからくさもんへい

作品概要

七宝菊唐草文瓶

しっぽうきくからくさもんへい

陶磁 / 明治

並河靖之作

明治25年(1892)

高18.5 口径5.0 底径4.8

1対

銘文:「京都 並河」刻銘

並河靖之(なみかわやすゆき)は京都で七宝製造業を興し、明治29年(1896)に東京の七宝家・涛川惣助(なみかわそうすけ)と共に帝室技芸員に任命される。本作のような黒色釉は、釉薬の調合に尽力した並河作品の中でも特に評価が高く、花瓶一面に配された菊文様の図柄や色どりを際立たせている。

七宝菊唐草文瓶をもっと見る

並河靖之作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

七宝 / しっぽう / cloisonné / 並河

関連作品

チェックした関連作品の検索