文化遺産オンライン

七宝富嶽図額

しっぽうふがくずがく

作品概要

七宝富嶽図額

しっぽうふがくずがく

陶磁 / 明治

濤川惣助作

明治26年(1893)

長113.6 短64.0

1面

重要文化財

涛川惣助(なみかわそうすけ)は並河靖之(なみかわやすゆき)とともに明治を代表する七宝作家で、帝室技芸員(ていしつぎげいいん)にも選ばれた。この額は涛川が1893年のシカゴ・コロンブス世界博覧会のため、臨時博覧会事務局の依頼によって作ったもの。シカゴでは美術館に「絵画」として展示された。

七宝富嶽図額をもっと見る

濤川惣助作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

博覧 / Meiji / シカゴ / コロンブス

関連作品

チェックした関連作品の検索