白磁葡萄唐草浮文壺 はくじぶどうからくさうきもんつぼ

陶磁 / 昭和以降 

板谷波山作
昭和時代・20世紀
磁製
1口

板谷波山+いたやはざん+は昭和9年(1934)に帝室技芸員になり、陶磁分野としては最後の任命となりました。葆光彩磁+ほこうさいじ+と呼ばれる波山自らが開発した装飾技法作品が有名ですが、中国の古陶磁に学んだ白磁にも優品が多く、本作は技芸員任命の同年に当館の列品に加わった作品です。

作品所在地の地図

関連リンク

白磁葡萄唐草浮文壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

天目茶碗
天目茶碗

板谷波山作

氷華磁草花文花瓶
飛青磁大瓶
飛青磁大瓶

三代清風与平作

九龍図鉢
九龍図鉢

清水南山作

七宝菊唐草文瓶
七宝菊唐草文瓶

並河靖之作

ページトップへ