文化遺産オンライン

九龍図鉢

きゅうりゅうずばち

作品概要

九龍図鉢

きゅうりゅうずばち

金工 / 昭和以降

清水南山作

昭和18年(1943)

銅製

1口

清水南山は明治~昭和時代を代表する彫金家。美術学校(今の東京藝術大学)で教授をつとめ、昭和9年(1934)には帝室技芸員に任命されるなど、近代金工界を牽引したひとりです。ダイナミックな龍の動きが容器の曲面に巧に彫りあらわされています。

九龍図鉢をもっと見る

清水南山作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

学校 / 東京 / 教授 / 大学

関連作品

チェックした関連作品の検索